桜を見る会、もうウソつきどころか、言っていることが無茶苦茶。

1)総理は桜を見る会の前夜祭の会費について、「850人をウチの事務所が呼んだと言うけれど、食事に関して、ホテルは300人分くらいしか作らない。立食だからちゃんと食べる人は少ないからね。だから1人当たりの価格を下げられるわけ。けど、ホテル側の名誉にも関わるから、『ホテルの食事は300人分しかありません』とは答弁出来ないし。」

おいおい、これって「詐欺」じゃん。1人5000円の会費をとって、1万1千円分の立食を「850人分」必要なのに、「300人分」しか用意しない。つまり、自分の後援会の食事に「5000円」程度の食事を用意すればいい、十分な食事はいらないと食事を値切ったということ。形振り構わずそこまで言う。言うに事欠いて、自分の後援者を貶めている(馬鹿にしてる)んじゃなの? 1万1千円分の食事をケチって浮かせたなんて、自分で言っていることのおかしさに気づかないかな。もう、言っていること、無茶苦茶。

また、費用を浮かせたのならば浮かせたで、堂堂と、きちんと会計報告すればいいのに、それをしないのは「政治資金規正法」に引っかかるからじゃないの。

そうでなければ、850人の客が入っていて、300人分の立食を「三流ホテル」は、打ち合わせをして提供したということ。なるほど「三流ホテル」の「営業の秘密」ってこういうことか。絶対、「三流ホテル」使わない、使えない。やっぽり、「三流ホテル」。「三流ホテル」は、客に見放されるよ。

2)「行政文書には該当しない。そもそも行政文書でないことから、行政文書に該当しないという認識のもとに適切に対応した。」(菅義偉官房長官)

だって、「行政文書」である、参加者名簿がシュレーダーにかけられてないというから、「元データ」を出してくださいという話なのに。シュレーダーにかけたものも、「元データ」も内容、中身が同じなのに、「行政文書」ではないとは、何を言っているのか。言っていること、無茶苦茶じゃないの。何がなんでも、どうしても隠したいって。だから、なお怪しい。

でも、それ以上に、3)「反社と2ショットの政治家」がのうのうと答弁するのは、「政治家」として如何なものか? 一般社会は、即謹慎だよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント