1日も早く「東京オリンピック中止(辞退)」の決定をした方が良い。

今日は、令和2年3月5日木曜日。「新型コロナ」の状況は、刻一刻と悪くなって来ている。もう誰が見ても、東京オリンピック開催は「無理」「不可能」。「大会期間中の具体的対策」も策無し。特に重要な「選手村の具体的対策」も打ち出せない。肩書きだけの、無能な東京オリ・パラ組織委員会の森喜朗会長は、「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っているんですが・・・」で、恥ずかしくも無く、無策無能をさらす。

コロナ無視の森会長に五輪代表選手が「辞任要求」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00059592-jbpressz-soci&p=1

1日も早く「中止(辞退)」の決定をして、「中止」の後の「ソフトランディング」を考えた方が良い。 それは、「2月」中でも「辞退(中止)」の状況は読めた。東京オリンピックを「先送り」「先延ばし」しても事態は変わらない(むしろ状況は悪化している!)まま、東京オリ・パラ組織委員会は、もう「1月」近く、時間を無駄に使ってしまった。

今日は、令和2年3月5日木曜日。「中止(辞退)」の決定が出来ない状況を見ても、東京オリ・パラ組織委員会は後手後手に回っている。「あたふた」して、何も手を打てないこと自体、「中止(辞退)」は明らか。このまま、何も手を打てないまま、「7月開催」の日を迎えるつもりなのだろうか。ノミの脳みそ(森会長)に、東京オリンピックの運営は土台無理な話。ダメだこりゃ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント