スマホでICT教育。

新型コロナが収まらない。そして、学校再開の目処が立たない。心配なのは、子どもの学力。洩れ聞くところでは、最初の感染国中国、上海や、アメリカなどは、ネット授業が行われており、日本は比較して立ち遅れているという。今回の新型コロナ、一斉休校の事態を受けて、萩生田文科相は、前倒しで事業に予算をつけていこうということらしい。

でも、テクノロジーはすぐ陳腐化、旧態化してしまうこと、一番無駄のないのは、現有資産を活用すること。やはり、パソコンのない家庭でも、スマホの保有は進んでいる。スマホから通信授業が受けられる、動画を再生させる等々のコンテンツの作成、環境整備を、文科省が急ぎ着手すべきであろう。時間はない。今すぐにでも、可能なことを実現すること。後手後手に回り、家庭の不満や不安の解消が遅れるようなことにならないように、すぐに始めるべきである。「スマホでICT教育」の話。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント