アベノマスク2枚660億円なのに、「計90億9千万円」の契約って計算が合わないんだけど。。。

厚生労働省は4月21日、新型コロナウイルスの感染防止対策として全世帯に配布する布マスクに関し、計90億9千万円の契約で3社から調達したと明らかにした。社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で答えた。政府は配布にかかる経費を466億円としており、福島氏は差額について問い合わせている。

回答によると、内訳は興和が54億8千万円、伊藤忠商事が28億5千万円、マツオカコーポレーションが7億6千万円だった。枚数は明らかにしておらず、厚労省は「開示した場合、マスクの単価を計算できることとなり、今後の布マスクの調達や企業活動に影響を及ぼす恐れがある」と説明している。

国家は無産国家。だから、国家は、税金を国民から集める「租税国家」。納税は「国民の義務」である。義務があれば、そこには「権利」が存する。税金がどう使われているか、「知る権利」はタックスベイヤーの基本的権利である。「アベノマスク2枚660億である」のならば、きちんと開示されなければ、憲法の規定する「国民の義務」は片手落ち、不成立である。アベノマスクの発注企業、受注納品した企業を明らかにするのは、国家の責任である。安倍首相は、政権の私物化が甚だしく、自分のお友達を優遇するという、あってはならないことをヌケヌケと行う政権である。アベノマスク疑惑(466億円かけたアベノマスク 厚労省がメーカーヒタ隠しの怪 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272028 )を疑うところである。

刑務所で布マスク製作広がる 医療用ガウンも―新型コロナhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020042000044&g=soc

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント