東京五輪が延期になったことに対し「中止にならなくてよかった。早く延期を決めた森会長とバッハ会長に『あっぱれ』をあげたい」

令和2年4月22日水曜日。本日、緊急事態宣言に伴う在宅での勤務。

昨日、令和2年4月21日火曜日。週1回のお当番の出勤。通常出勤、通常勤務。次のお当番は、1週間後の「4月28日火曜日」。4月21日は、安倍首相が緊急事態宣言を発した「4月7日」から「2週間」。「4月21日」からの感染者の動きが気になる。4月21日の東京都の感染者数は、「123人」。多いと見るか、少ないと見るか、ビミョウ。とても「ピーク」は過ぎたとは思えない。

五輪延期の経費「首相が負担に合意」、IOCが明らかに
2020/04/21 11:55 https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20200421-OYT1T50155/

新型コロナの制圧も出来ていないのに、延期東京オリンピック。しかも、麻生財務相が「10万一律給付」を出し渋っているのに、「延期東京オリンピック」の追加予算。日本が、「延期になって良かった」なんて言っている以上、追加予算は日本持ちでしょ。だって、IOCが日本に延期してあげたんから、日本の責任でやるんでしょ、って話は普通の話。日本人が新型コロナで飢えている。緊急事態宣言の「自粛」のために、そういう人が出ている。だから、給付が遅れそうな「30万給付」ではなく、給付のスピード重視で「10万円一律給付」にした。目の前に、明日の食事をどうしようという人たちがいる。「パン」より「延期東京オリンピック(日本経済)」。弱肉強食、「切り捨てられる者」は死んでも仕方もない。東京オリンピックは、安倍政権のレガシー、来年、2021年7月23日、東京オリンピックを開催しなければならない。

瀬古利彦:「中止にならなくてよかった。早く延期を決めた森会長とバッハ会長に『あっぱれ』をあげたい」https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2020032902100023.html

自粛(命が大事)か、休業(日本経済)が大事か、見えない脅威、恐怖がいよいよ差し迫ってくると、苦渋の選択しか選びようがない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント