今更、方向転換?? 詰まっていたのは「政府(安倍首相)」じゃね。

■高熱と思ったら病院へ…PCR検査の目安 見直しへ
5/6(水) 16:06配信 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200506-00000029-ann-soci

■新型コロナウイルスのPCR検査数が海外と比べて少ない理由について、政府の専門家会議は(令和2年5月)4日、SARSの感染者が国内で確認されないなど新興感染症の発生が少なく、PCR検査の拡充が不十分だったことなどが原因との見解を発表。ただ、検査数に占める陽性者の割合「陽性率」は欧米各国より低く、「潜在的な感染者を捕捉できていないわけではない」としています。
https://mainichi.jp/articles/20200504/k00/00m/040/124000c

■今になって方針転換…37.5度ルールが招いた新型コロナ拡散
記事投稿日:2020/05/04 11:00 最終更新日:2020/05/04 11:00 https://jisin.jp/domestic/1855837/

帰国者・接触者相談センターの「37.5℃以上の発熱が4日以上」ルール、今頃(令和2年5月4日)になって、方向転換。このルールがあったがため、みんなに愛されていた女優岡江久美子さんがが亡くなった。真面目な性格な岡江さんは、このルールがあったがために「手遅れに」なった。

誰が、この「ルール」を作ったのか。誰が決めたのか。日本の新型コロナ対策が「世界の非常識」で、「ガラパゴス」「日本式」。PCR検査の全体検査が進まなかったのも、全国の感染者数が正しく把握できないのも、元を正せば、この「ルール」である。この「ルール」があったがため、日本は諸外国と違って経済活動再開の「基準」さえも示せない国になってしまった。

この「ルール」を作った人(官僚?)、この「ルール」を決めた人は、新型コロナ対策の「戦犯」である。「ガラパゴス」「日本式」の、すべての悪の大元である。

新型コロナの初期症状】
◎嗅覚&味覚異常。
〇息苦しさ(呼吸困難)がある ※「呼吸困難」は「初期症状」か? 急変の兆候ではないのか??
・風邪の症状
・強いだるさ(倦怠感)
〇高熱
〇咳

方向変換しないよりマシ?? しかし、今更。もう「方向転換」しても、ズレずれ、時機を失した。

■交通事故後に救急搬送され死亡→コロナ感染判明 群馬
2020年5月6日 20時31分 https://www.asahi.com/articles/ASN566QRCN56UHNB003.html

死亡してから、コロナの感染が判明しても、もう手遅れじゃん。

1)「4日ルール」がなければ、初期の感染者を救える。岡江久美子さんのような「悲劇」を減らせた。
2)誰でもPCR検査ができていれば、症状の軽い感染者、無症状の感染者も、捕捉できた。この「4日ルール」がなければ、「隠れコロナ」を捕そくできる。「隠れコロナ」を捕そくして行けば、市中感染、院内感染、クラスターの発生をなくすこともできた。しかし、この「ルール」があったがため、院内感染が発生し、救えたはずの命が救えなかった。

この方向転換は歓迎するが、遅い、遅すぎる。本当の戦犯は、この「ルール」の発案者ではあるが、これを放置してきた政府(安倍首相)も共犯、「戦犯」。「人災」である。感染対策が出来ないんだったら、出来る人に変えなければ、「人災」は拡大するだけである。結論は、安倍を変えないないと、日本国民は殺されてしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント