新型コロナ感染対策を、何もしてくれない政府=安倍政権。

令和2年7月16日木曜日、源左16:00手前。今日の東京都の新型コロナ感染者数は、「280人台」という情報が流れている。まだ、確定数が発表されていないが、恐れていた「300人」に迫る勢い。今日の東京都の新型コロナの感染者数は「280人台」というが、同時に、今日のPCR検査は「4000人」だそうだ。東京都は、連日の感染者の増加に、検査数を「6500」に増やすという。

確かに、感染者数の増加は、P`CR検査数の増加に比例している部分もあるが、最近のPCR検査は、保険のきかないZ、実費でのPCR検査の増加が顕著らしい。本来ならば、感染者が増えているのだから、保険適応でPCR検査を時実施すれば良いものの、未だに、PCR検査の検査のハードルが髙く、結局、政府(安倍政権)、国がPCR検査に本気を出さない、本腰を入れない。つまり、政府(安倍政権)、国が、新型コロナ感染対策に、何もしてくれないから、PCR検査も、自費で、保険適用なしで実施している。安倍首相は、口ではPCR検査数を増やすと言っているが、その実、全く本気で増やす気がなく、全く本腰を入れてPCR検査に取り組んできていない。結局、新型コロナ感染対策は、国民が「自衛」、感染対策をするしかなく、政府(安倍政権)、国は、新型コロナ感染対策を何もしないまま、増して、ワクチンや治療薬が完成したわけでないのに、 GO TO キャンペーンを実施するのだろうか。ワクチンや治療薬が完成したのならば、 GO TO キャンペーンの経済効果はある。しかし、今の、ワクチンや治療薬状況では、やはり、新型コロナ感染対策は、古典な「自粛」「ステイホーム」しか感染の増加、拡大を抑える手段はない。

ワクチンや治療薬が、未だ開発されていない状況で、 GO TO キャンペーンは自殺行為である。地方は、経済復興の大事だが、東京由来の新型コロナ感染者が「地方」にやってくるのは怖い。ホテル、観光事業者が、感染対策をしても、新幹線で、夜行バス、飛行機など公共機関での感染もあり得る。

東京の劇場クラスターが発生して、それが二次感染、三次感染(事例*丸岡いずみ)になり、また、全国に、感染者が拡大し、更に、地方で二次感染、三次感染が起こっている。これは何も特殊な事例ではない。西村担当大臣、官房長官は、7月22日の「2週間後」、8月6日以降の感染者はすべて「安倍政権問題」である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント