「政策の失敗」である「GO TO キャンペーン」によるキャンセル料を、個人に負担させるのか。

「GOTOキャンペーン」によるキャンセル料が、「東京除外」が事由で発生したとなると、これを不可抗力であるとして、旅行を申し込んだ個人負担というのは、酷な話である。そもそも、「GOTOキャンペーン」は、新型コロナが終息した後で、実施のはず。それが「8月1日」からが、「前倒し」で「7月22日」からとなった。感染者数が「減少」したから?? しかし、政策の「見通しの甘さ」から、東京都の新型コロナの急増から、「東京除外」となった。しかも、実施「1週間前」。

実施まで「1週間」を切った、政策の変更を、不可抗力と、キャンセル料を「個人負担」させる?? もっと早く「政治判断(政策判断)」すれば、キャンセル料を支払わないで済む。そもそも、新型コロナが終息した後で、実施する「政策」であったはず。しかも、感染が終息してもいない時期に、「補正予算」に忍び込ませた、怪しい予算。

しかも、「8月1日」に実施するとなっていたものを、わざわざ「7月22日」に前倒しして、詰まるところ、「見込みの甘さ」で、「土壇場」で「東京除外」。それに伴う、キャンセル料を、国民である「個人」に負担させる。

それはそれでいい、「個人負担」というケチをつけた責任は、西村担当大臣か、公明党の国交相が責任を取るのか?? 誰も首を差し出さないのか?? 任命責任&今回の「GO TO キャンペーン」の責任の、一番の責任者は、安倍首相だろう。誰も、首を差し出さないのか? それじゃ、キャンセル料の個人負担は収まらないんじゃないの?? 実施「1週間前のキャンセル」は、最初から避けようがない。「政府の政策失敗」を、個人負担させるのか?? 責任は?? 自民党&公明党は、国民に「ごめんなさい」もないのか??

延期東京オリンピックだって、中止になるんだったら、早めに「中止」を、政治判断しなければ、また、「見込みの甘さ」をさらけ出すだけだ。最後は、いつものように誰も責任をとらず、首相も「しれー」と居座り続けるのか? 恥ずかしくもなく、悪い「前例」を作ったものだ。一人も首を差し出さない、いくつもの「疑惑」をきちんと国民に説明しないで、「公然たる嘘」をつき通し、いつまでも「首相に居座る政治」は、もう許せない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント