やっぱりWindowsedge は不安定。

Windowsedge を使って、プログ等々の入力をする。やっぱりりWindowsedge は不安定。

入力していて、別のタブを開くと、画面は「フリーズ」しているように見えないが、何か「裏」で動いていると見えて、反応が鈍い。新しいタブが開かない、開くのが遅い。開いたタブから、元の入力作業をしていたラブに戻ると、決まって固まっているか、テータが消えている、タブが再表示されない。その度に、入力を一からやり直し。「3回」までは許しても、それ以上は、もう付き合えない。

今、Google Chrome に切り替えて、ブログの入力。

何だろう、Windowsedge の「不安定」。タブを移動すると、いつもの「キーの入力を受けつけない」、再表示が出来ない。つまり、データが消える。マウスの反応が鈍い、遅い、反応しない。日本語の切替が遅い、しない。入力しても、キーが反応していない、入力し文字の表示がない。ン日本語の変換速度が鈍い、遅い。

Windowsedge も、最近「フリーズ」しなくなった、「フリーズ」回数がめっきり減ったと思っていたところで、今日の「不安定」。

今日は、土曜日。滞った「オンライン授業」の課題を一気に進める日。どうせ大学のオンライン授業の、課題提出をしなければならないから、もうWindowsedge は立ち上げないで、Google Chrome から「 googleclassroom」を立ち上げて、googleドキュメントで課題を書いて提出しようと思う。

大学のオンライン授業が「googleclassroom」だから、 Windowsedge はなくてもいい、なくても困らない。「不安定な」 Windowsedge では、「フリーズ」「データ消滅」のリスクが高過ぎる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント