安倍晋三の議員辞職を求めます。

現職の総理大臣でありながら、国会で「118回」も国民を欺き。瞞し、嘘を繰り返し、その「嘘」の隠蔽のために、公文書の改竄隠蔽廃棄が行われた。私が、「嘘つきだ」というのならば、その嘘を証明するのは「あなたたち」と、いつもいつも薄笑いで、嘯き、国民を愚弄してきた。

忘れもしない、「私や妻が関与していたら議員を辞めます」と、啖呵を切ってみせた。

新型コロナに無能無策の菅首相の支持率低下に、呆れたことに、与党自民党の中に、安倍首相待望論まであるという。国民は、「嘘つき」で、国民、有権者を愚弄し続けた「嘘つき」を忘れていない。どこまで、与党自民党は、国民感情から乖離しているのか。なぜ菅首相の支持率低下がおきているのか、大元に国民感情との乖離が生まれていることに、お気づきになっておられないようだ。

さて、安倍首相は、すべて秘書のやったこと、秘書が勝手に行ったことで、自分は総理大臣の要職にあって、預かり知れない、と、またまた「大嘘」を主張なさるのだろう。大抵の、国民、有権者は、今回も「大嘘」で凌げる、凌ぐのだろう、と思っている。多くの、国民、有権者は、厚顔無恥ね、堂々と「大嘘」をつく姿を予想している。そして、自分の金庫番、第一秘書に、すべての責任を押しつけて、「トカゲの尻尾切り」。それが、上手く行かなければ、最後は、死人の口に口なし。何と、政治家の発想の、冷酷、汚いこと。

国会で、118回も「嘘」をついたのは、ホントのことが都合が悪くて、言えなかったからだろう。つまり、自分の保身のために着いた嘘。嘘をつくしか無かった。だから、自分が「嘘つき」と言うのならば、その「嘘」を証明してください。と言うが、この言葉自体が「嘘」。「嘘つき」の「嘘」を証明する事自体が不可能。つまり、「嘘つき」の「嘘」の証明は、論理的に出来ない。つまり、自分が「嘘つき」と言うのならば、その「嘘」を証明してください、という、この発言自体が、実は「嘘つきの証明」なのである。

今回の、すべての責任は、すべて金庫番、第一秘書の責任、何も知らない自分には、一切の責任はない。「大嘘」だよね、いくら総理大臣の要職にあっても、自分の政治事務所を、いくら信用しているからと言って、自分の政治事務所のすべてを一任するなんてことはあり得ない。すべてのお金(金の管理)を任せてしまうはずがない。しかも、すべての金の管理を任せて、政治資金の報告書まで一任する政治家、人間はいない。常に、口出しするし、把握する、少なくとも、電話で指示ぐらいはするし、指示を受けるものた。それすらしないで、すべて金庫番に任せていた、すべての金の管理を一任していたは通らない。そのようなことをする人間は、うつけ者だ。自分の関与の証拠を出せ、と言われても、まず出ては来まい。何せ、指示は、常に口頭、電話でおこなわれるだから、証拠がないのが、一番の証拠。自分は関与していない、と言えばすべて見逃してもらえると言うのが、大きな間違い。自分が「嘘つき」でないのならば、自分が嘘つきでない証拠は、自分で証明して見せるべき。自分が、事務所で行われること、金の管理をしていなかった証明は、自分で証明しなければならない。国民が、国会で発言、証明して欲しいのは、たったの「2つ」。①自分が、嘘つきでないという証明をし欲しい。②自分が、事務所や金の管理を一切していない、という証明である。国民の前で、「証明」してみせる、立証責任は「元総理」自身である。

国民は「嘘」を怒っている、忘れてはいない。「嘘つき」でない、「関与していない」証明を、自らおやりください。国民は、安倍元首相の銀辞職を求めています。少なくても、与党自民党jのアホ以外は、安倍待望論はあり得ない。どう考えても「参加費5000円」で済まないことが認識できない、田舎者?? 利益供与を受けたのも分からない、民度の低い、愚民の「××県民」ぐらいか、「愚民」じゃしょうがないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント