【加筆訂正版】またMicrosoftの検索が「アホ検索」

また、「方丈記 作者」検索をチェックすると、一番上位の検索が「人気の平成方丈記 | Amazon.co.jp」だって。googleなら、最初に「鴨長明」がちゃんと検索出来るのに、Microsoftの検索は、「方丈記 作者」の検索をすると、一番の上位の検索結果は「方丈記」。ああ、それなら最初から検索しない。「アホ検索」だ。しかも、「人気の平成方丈記 | Amazon.co.jp」じゃ、自分で調べなさい?? ということ。これじゃ、誰も検索しない。だから、Microsoftの検索が「アホ検索」だと言うんだ。googleなら、「方丈記 作者」って検索すると、清少納言、兼好法師、松尾芭蕉等々の、他の検索が画面に出て来る。一番上位の検索が「鴨長明」と出るか「人気の平成方丈記 | Amazon.co.jp」が出るか、それは好み?? いや、Microsoftの検索が、使えない「アホ検索」だということ。おそらく、Microsoftの関係者だって、検索は「google」を使うはず。いつまでたっても、検索「も」出来ます、の添え物レベルでは、Microsoftedgeを使いたい気にはならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント