【令和2年12月31日木曜日13:50】東京都の新型コロナ感染者1300人超え。

今日は、令和2年12月31日木曜日。東京都の新型コロナ感染者が、1300人超え。この数字は、1週間前、クリスマスイブ、12月24日木曜日に既に、専門家でなくても、予想、予測出来ていた。新型コロナ感染者1300人のショック、衝撃は大きい。このままでは、医療は持たない。

思うのは、政府、国は何をしていたのか?? 国民は、「自助」。マスク、手洗い・消毒、3密も注意してきた。多くの国民は、自粛、ステイホーム、巣ごもりをして「静かな年末&年始」を過ごしていた。

問題は、政府の政策、新型コロナ対策である。1)「勝負の3週間」は、完敗、完全ある敗北である。そして、真の「勝負の3週間」も、既に、無能無策の「完敗」である。エビデンスは、新型コロナの感染者の拡大が止まらないこと。今日は、専門家でも予測、予想ができた「東京都の感染者1300人超え」である。これでは、医療は持たない。

2)政府の行うべきことは、感染者をとめること。国民に、マスク、手洗い&消毒、3密を控えることを訴えても、国民はやってい、。今年は、忘年会を自粛、「会食」も控えている。口ばっかりで、会食を繰り返す政治家と違い、国民は「自助」で自粛を行っている。政府の政策、対策は、マスク、手洗い&消毒、3密を、口先で訴えることではない。具体的に、人の動きを止めること、国民の行動規制をすることである。日本の経済を回すこと、GoToを推進をしている場合ではない。新型コロナの対策も疎かにして、日本の経済を回すのでは、新型コロナの感染を止めるどころか、結果として感染拡大に手を貸している。

3)GoToの推進は、人の動きを増やす政策である。GoToの停止の判断は、必然。むしろ、判断が遅かった。そして、今。緊急事態宣言は、日本の経済を殺すことになっても、このままでは、医療が持たない。更なる、感染の拡大が止まらない。どうせ、日本経済を殺すことになっても、結果として緊急事態宣言を発出することになるのならば、まだコントロールが可能なうちに発出すべき。判断の遅れは、致命的である。

政府の、一番の新型コロナ対策は、無能無策、決断・判断の遅いリーダーをすげ替えるほかあるまい。出来ない、延期東京オリンピックを引きずっている場合ではない。今、目の前に問題解決を図るべきである。問題解決出来ないものに、指導者、リーダーの資格はない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント