新型コロナあるある。

1)テレワークで、畳の部屋で、テーブルに座って、「テレワーク」。ずっと、こごんだ、同じ姿勢をしているために、腰痛で、整形外科にかかることに。テレワークで、同じ姿勢をずっと続けているために、腰痛の診察が増えているという。医者の診察を受けるまで、「原因」がはっきりしないまま、痛みに耐えていたが、「原因」がはっきりしたものだから、椅子とテーブルを、amazonで購入しした。聞くところによると、ゲーミングチェアなるものが、今年、2021年に売れたんだと。

2)今年の冬、「あかぎれ」で、手の甲が痛んだ。これも、1)同様、理由のわからない症状。水仕事もしていないのに、今年の冬は「あかぎれ
」ができる、と痛みに耐えていた。それを他の人に話すと、消毒のせいだという。そして、今年、2021年は、そういう症状の人が多いという。なるほど、どこに行っても、まず「消毒」。「消毒」しないと、入店させてもらえないとこも多い。ところが、これを一日中、付き合っていると、「消毒」で、特に「手の甲」が「あかぎれ」になってしまう。「あかぎれ」を起こす。なるほど、そういうことか、ということで、実は消毒を控えるようになった。そしたら、途端に「手の甲」の「あかぎれ」が消えた。「手の甲」は、最初から「消毒」する必要もない部分であるが、消毒のスプレーで、常に「消毒液」がかかっていた。

3)非接触型の「体温計」を、amazonでお取り寄せ。結局、5個購入。但し、中国製の「体温計」なので、2台は「動作不良」、使いものにならない。5個購入して、「3個」使える。これが、中国製なんだと、納得している。やっぱり、中国製は「不良品」が多い。新型コロナの、中国製ワクチンの安全性、とてもじゃないが、信頼できない。

4)パルスオキシメータなるものを、やっぱりamazonで購入。日本製は、5、6000円するが、中国製は「980円」。「おもちゃ」みたいな価格だったので、ものは試しと注文。船便とみえて、発注注文したことを忘れた頃に届く。「2個」注文したが、非接触型の「体温計」と違って、数値が合っているかわからないが、動作不良はなかった。未だに、使用できている。但し、パルスオキシメータは箱なしの簡易な包装で送られてきた。品物も、やっぱりチープ感は否めない。但し、日本製との価格差を考えると、お得な買い物だったか。

以上、新型コロナあるある?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント