【令和3年4月16日金曜日】茶番の聖火リレーは早く中止にした方が良い。このまま新型コロナの感染が「爆発」していったら、国民のコンセンサスは得られない。

7月23日の東京オリンピック開催まで、「100日」を切った。時間は、もう残されていない。何が何でも、東京オリンピックを開催するならば、オリンピック参加選手は、競技前の「2週間」以上前に、日本に入国しなければならない。観察期間の「2週間」は必須である。勿論、日本入国前に、ファイザー社のワクチンならば、一定期間を空けて、「2回」の接種が必要だ。東京オリンピックに参加出場するならば、すでに計画的に入国準備を始めていかなければ、競技日程に間に合わない。

つまりは、参加選手、参加選手団、関係者の動きを考慮すれば、すでに「100日」の猶予はない。

オリンピックは開催出来るのか、出来ないのか。困ったことに、日本の政治リーダー菅首相の口から出来る言葉は、いつも決まって「希望的観測」。何一つ、科学的根拠も、エビデンスもない、漠然とした「希望的観測」ばかりである。

日本の政治リーダーから、確固たる「信念」も「覚悟」も読み取れない。何が何でも開催するという、根拠のない「希望的観測」。もう開催まで残された時間はない。

少なくても、今の「第4波」を止めなくては、日本国民の理解も、コンセンサスも得られない。多くの国民は、東京オリンピックの開催は「絶望的」であると、感じ取っている。菅首相は、日本を留守にしているが、新型コロナの感染状況は日を追う毎に拡大、爆発している。今更、米国に行って、ファイザー社に「土下座」しても、ファイザー社のワクチンのワクチン接種も、「100日」を切っている、今の状況では、とても間に合わない。

東京オリンピックを成功させる為に、ワクチン接種を進めようにも、事態はとても間に合わない。普通に考えて、参加選手、選手団、関係者は、それぞれの国でワクチン接種をしていただかないと、日本入国させることができない。それを、いい加減に対応すると、大変な事態になる。1)日本発の感染爆発を起こしかねない。2)日本国内の感染爆発を、更に招きかねない。

なぜ東京オリンピックを開催するのか、しなければならないのか。正直、冷静な判断をするならば、日本の感染爆発、第4波の状況を踏まえれば、東京オリンピックを開催するどころの騒ぎではない。今、やるべきことは、東京オリンピックを中止して、ワクチン接種に専念すべきである。どうせ、東京オリンピックにワクチン接種が間に合わないのだから、全てを感染抑止に集中すべき。

①そもそも、安倍前首相の東京オリンピック開催延期が間違いの許だった。政治判断として間違っていた。本気で、開催する覚悟があったら、②早い段階で、PCR検査の全体検査をすべきだった。東京オリンピックという政治課題を抱えていたのに、③ワクチン接種が大幅に遅れているということ。④緊急事態宣言を解除したのが、間違いであった。しかも、吉村大阪府知事が「前のめり」で、緊急事態宣言を解除し、その早めの解除が裏目に出て、東京オリンピック目前にして⑤大阪が「第4波」の発生源になっている。

今更、政治判断の誤りをあげつらっても、既に時遅し。開催「100日」を切る、この時期に、日本は感染爆発の状況にある。この今の、感染爆発の状況にあっては、無観客だろうが何だろうが、日本国民の理解、支持、コンセンサスは得られない。

「茶番」の聖火リレーが、恥ずかしい。いつまで、恥ずかしくもなく「茶番」を続けるのか。「茶番」の聖火リレーの、税金の無駄遣いは、そろそろ我慢の限界である。開催可能か、可能でないかの見通しは、昨年、2020年の「2月14日」の時点から予想、予測出来ていた。それから税金の垂れ流しは、聖火リレーに極まった。税金の無駄遣いを、そろそろ止める時期が来た。

国民の理解も、支持も、コンセンサスもなく、菅政権は、東京オリンピック開催に拘り、それでも強引に東京オリンピック開催を推し進めるというのか。日本国民は、愚かなリーダーを頂いたものだ。そのポンコツ振りに、呆れるしかない。

聖火リレーを観るのが辛い、恥ずかしい。臭いものに盦して、無理矢理、東京オリンピック開催を推し進めようにも、無理がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント