【令和3年4月28日木曜日昭和の日】池袋暴走事件の加害者について考えた。

池袋暴走事件の裁判が行われている。今回の裁判でも、「加害者はブレーキを踏んだ事に間違いない」と主張している。人は、加害者の主張に反省に色が無いと思うにちがいない。しかし、自分はブレーキとアクセルを踏み間違えました、と主張すれば、高齢であり、歩行に支障がある姿、映像を見れば、情状酌量が期待されるだろう。そして、自動車の「故障」であると、主…
コメント:0

続きを読むread more

「実務的に判断が可能な時期まで先送りにしたいと5者協議で一致」

「判断」を先送りして、何か変わるのだろうか? また、「先送り」して、変わる可能性があるのか? それ以上に、「判断」って、東京オリンピックを「安心、安全な大会運営」が確証できる見通しがつくということ。 でも、「プランB」もないまま、「先送り」って、リスク高すぎないか? 万一、「神風」が吹いて、全てが雲散霧消する、全ての問題が杞憂に終…
コメント:0

続きを読むread more