森田健作千葉県知事の「無能」。

 今日は、令和元年9月17日火曜日。台風15号が千葉県に上陸したのが、先週の9月9日未明。そして、「東電には不眠不休でやってほしい」と記者会見した、森田健作千葉県知事が被災地に入ったのが「9月14日」。未だに、電気も水道も不通の千葉県民が多く居る。「やみくもにやるのではなく、土台をしっかりしてから来た」という、被災地視察の「言い訳」も苦しい。

 昨夜のニュース、千葉の被災家屋の2階から階段を雨水が滝の如く流れる状況が報道される。千葉の被災地は、高齢者世帯が多く、自力で生活の立て直しは難しい。9月16日は「敬老の日」。昨夜16日、雨が降る前に「仮設住宅」の手配が出来なかったのか、考える。国、それよりも「県」、はっきり言えば、首長の、森田健作千葉県知事の初動が遅かったことに尽きる。県立高校は台風被害の状況を報告させられていたのに、「県」は市町村から上がってくる、被災の状況把握が甘かった。森田健作千葉県知事の危機管理意識(能力??)の低さが「無能 https://www.youtube.com/watch?v=cpIhKBds2dI 」をもの語っている。

"森田健作千葉県知事の「無能」。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント