テーマ:法語文学「方丈記」

「方丈記」の作者の「出家」を考える。(「国文学」は死んでいる学問である。)

(既に、「国文学」も「古典文学」も、死に絶えた学問。いまさら、「方丈記」について考察しようと、誰も興味も、関心も抱くまい。当然、「方丈記」が「随筆」であろうと、「作者は鴨長明」であろうと、なかろうと、世の関心は何もあるまい。受験の知識として、「作者鴨長明」「随筆文学」「三大随筆」という知識が必要であり、何の問題も無い。以下、世に「三大随…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more