テーマ:ベネッセ

千葉県、ベネッセホールディングスの事業「classi」を強制導入、推進。

「2020年4月5日(日)14時5分~同日16時19分に発生した外部からの攻撃に伴い、同日17時15頃サーバーが予期せぬ再起動を起こしサービスが停止、復旧に20時間以上を要した。この攻撃によって約122万人のIDとパスワードが暗号化された文字列、教員の公開自己紹介文(任意記入)2,031件が流出した。また、COVID-19の流行による休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文科省との癒着が頓挫した、私企業「ベネッセ」の、次なる経営戦略。

安倍首相の、次の総理総裁候補だという、下村元文科相。その下村元文科相が、文科相時代に、官邸主導の政策決定である「高大接続改革」の莫大な利権を私企業「ベネッセ」が食い込んでいる。官邸主導の教育改革である「高大接続改革」に疑惑の匂いがする。 「高大接続改革」という大きな改革に、民間企業(ベネッセホールディングス)が文科省と一体となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナの陰で、政商「ベネッセ」の不祥事

オンライン教育に冷や水、ベネッセHD子会社で不正アクセス https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/041401171/ 2019年の年末に、英語民間試験、国語と数学の記述問題見直しが白日の下となった、文科省、厚労省の事業に取り入り、自社の事業を展開拡大しようと、画策を行う「ベネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセに個人情報を無償で、売り渡す高校の進路の先生。

「JAPAN e-Portfolio https://benesse.jp/juken/201901/20190115-1.html 」というのをご存じだろうか。今、全国の高校の進路の先生が何をしているのか、ご存じだろうか。令和元年11月1日以降、「英語民間試験」の見送り。続いて、「国語と数学の記述式問題」の見送りが決定した。いずれも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセが受注した「JAPAN eーPotfolio」について。

官邸主導の「高大接続改革」における私企業(営利企業)「ベネッセ」の癒着問題で、①英語民間試験が延期、見送りになった。そして、②国語と数学の記述問題が、次の争点となっている。①も②も、文科省鳴り物入りの「新テスト」の改革であった。この2つがポシャるようなことが、起こったら、誰(推進役だった元文科相)が、受験生を振り回した責任をお取りになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセのアルバイトの時給は1080円。

ベネッセが、大学入試の採点者を大量募集。資格は「未経験者 大歓迎」「年齢 経験不問」「短時間でサクッと稼ぎたい方」。 経験者 時給1080円、新人 時給1070円。 経験者と「10円」しか変わらない。ベネッセの子会社は、61億で業務委託を受注。20日間で、50万人、50万枚の採点処理。お気楽な、アルバイト募集だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故に英語教育にのめり込んでいるのか、もはや文科省は狂っているとしか思えない。

昔から文科省は三流の役所と言われてきた。それでも文科省は「国家百年の計」を預かる役所である、「国家百年の計」を司る役所であるという矜恃、プライドを、文科省はなくしてしまったのか。 英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【増補版】ベネッセが、不祥事から学んだ教訓。

2014年7月9日、「ベネッセ個人情報流出事件」なる不祥事が発覚した、「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」を運営する、通信教育の最大手企業であるベネッセコーポレーションの「個人情報流出事件」である。流出した顧客情報は最大で3504万件に及び、この事件により、責任部署にいた二人の取締役が引責辞任し、また本事件の影響で大規模な顧客離れが起き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネッセと文科省のズブズブな「癒着」。

 教育は、「国家百年の計」である。その大元締めが、文科省。大学入試共通テストの中止の声が高まっているが、どうやら明らかになるのは、文科省とベネッセのズブズブな関係(もう一つ、安倍首相に近い、某元文科相の国会議員もズブズブな関係であることは、日本国民の誰もが気づいている。)。「国家百年の計」を司るには、文科省は「三流の役所」。今、大学入試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビッグデータを支配する私企業ベネッセ

 「個人情報保護法および同施行令によって、取扱件数に関係なく個人情報を個人情報データベース等として所持し事業に用いている事業者は個人情報取扱事業者とされ、個人情報取扱事業者が主務大臣への報告やそれに伴う改善措置に従わない等の適切な対処を行わなかった場合は、事業者に対して刑事罰が科される。」  まずは、前提条件として「個人情報保護法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官邸主導の「高大接続改革」における私企業「ベネッセ」の癒着

 官邸主導の教育改革である「高大接続改革」に疑惑の匂いがする。第一の疑惑「森友学園問題」、第二の疑惑「加計問題」。表に出ていないが、岩盤規定の医学部新設の国際医療福祉大学(第三の疑惑)。いずれも「適正なる手続(デュープロセス〉」に対する疑惑・疑念。同じく、情報公開及び知る権利が拡大している現代で、手続の「資料」がないというずさんな行政が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more